【Twitter】APIやツールを使わずWebブラウザを使った自動でフォローする方法

TwitterのAPIを使った自動フォローや自動アンフォローは、規約が厳しくなりやり過ぎるとアカウント凍結、もしくはアカウントの制限やAPIの制限をかけられてしまいます。

何のためにAPIがあるんだ?と思ったりしますが、ツールによってはお金がかかったりメンテがされてなくて最新のTwitterで動かないといったことが結構あります。

そこで、Webブラウザだけで動作する自動フォローするスクリプトを紹介したいと思います。

はじめに

自動フォロースクリプトを紹介する前に、下記の注意点を一読お願いします。

注意
今回紹介する自動フォロースクリプトでもアカウント凍結する場合があります。自己責任の下で行ってください。
注意
Twitterの仕様変更で自動フォロースクリプトが動作しなくなる場合があります。 

どんな感じに動作するのか

Twitterにログインして、誰かのアカウントのフォローページ、もしくはフォロワーページを開きます。

リフォローとして使いたい場合は、自アカウントのフォロワーページを開きます。

その後、ブックマークしといたフォロースクリプトを呼び出すだけです。

自動スクリプトを動作させるには?

今回の自動スクリプトは、Webブラウザを使ってJavaScriptを動作させるため、Webブラウザだけあれば動作します。

現状動作確認できているWebブラウザは下記です。基本的にほとんどのWebブラウザで動作すると思われます。

  • Google Chrome
  • FireFox

自動フォローの仕様について

自動フォローさせるために、いくつか仕様があります。

自動フォローの仕様

  • PCのTwitter画面で動作する
  • フォローボタンがある画面で動作(フォローページ、フォロワーページ)
  • 表示されているフォローボタンの数だけフォローする
  • 既にフォローしているアカウントはフォローしない(あたり前ですが・・・)
  • 鍵アカウントはフォローしない(凍結防止のため)

ソースについて

ソースは下記になります。ソースが読める方は読んでみてください。わからない人は飛ばしちゃってください。

自動スクリプトの設定方法と使い方

自動スクリプトを使う前に、JavaScriptで書かれている自動フォロースクリプトをブックマークに登録する必要があります。

一度設定したらTwitterの仕様変更が無い限り何度でも使えます。

自動スクリプトの設定方法

1ブックマークする

どこでもいいのでブックマークを1個作成します。今回はYahoo!トップページのブックマークを作成してみました。

2ブックマークを編集する

先ほど作成したブックマークの上で「右クリック」→「編集」をクリックします。

3書き換えて保存

「名前」と「URL」の入力項目を下記のように書き換えて保存してください。

名前:
「自動フォロー」と書き換えます。
※ご自身がわかりやすいブックマーク名に書き換えても問題ないです。

URL:

下記スクリプトを貼りつけてください。

javascript:(function(){var $accountElem=$(‘.ProfileCard-content’);var accountElemCount=$accountElem.length;var index=0;var followCount=0;var protectedCount=0;var followedCount=0;var manager=function(){if(index<accountElemCount){if(notFollowing($accountElem.eq(index))&&protectedCheck($accountElem.eq(index))){performer($accountElem.eq(index))}else{index++;manager()}}else{alert(‘フォロー処理が完了しました。\n■実行結果\n—————————————–\n表示件数:’+index+’\n新規フォロー:’+followCount+’\n鍵(フォローしない):’+protectedCount+’\nフォロー済み:’+followedCount+’\n—————————————–\n’)}};var performer=function($elem){var rand=(Math.floor(Math.random()*500))+100;setTimeout(function(){$(‘.UserActions .not-following button.follow-text’,$elem).trigger(‘click’);followCount++;index++;manager()},rand)};var protectedCheck=function($elem){if(!$(‘.UserBadges .Icon–protected’,$elem).length){return true}protectedCount++;return false};var notFollowing=function($elem){if($(‘.UserActions .not-following’,$elem).length){return true}followedCount++;return false};manager()})();

4設定完了

ブックマーク名やURLが書き換えた内容になっているか確認します。問題なければ設定は完了です。

自動スクリプトの使い方

使い方について説明します。

1フォローもしくはフォロー画面を開く

Twitterにログインして、フォロー画面もしくはフォロワー画面を表示します。

リフォローとして使いたい場合は、ご自身のアカウントのフォロワー画面を表示してください。

2フォローしたい分を画面に表示させておく

自動スクリプトは「フォローする」ボタンが表示されている分しかフォロー処理をしません。

なので、自動フォロースクリプトを実行する前に、フォローしたい分(スクロールする)を画面に表示させておきます。

3ブックマーク「自動フォロー」をクリックして実行させる

あらかじめ設定しておいた自動フォロースクリプトのブックマークである「自動フォロー」をクリックして実行させます。

フォローが完了するとアラートが表示されるので、それまで待機しておきます。

4アラートが表示されたら完了

しばらくするとアラートが表示されます。

アラートに実行結果が表示されるので確認します。

実行結果について

  • 表示件数:画面に表示されているアカウント件数になります。
  • 新規フォロー:今回フォローした件数になります。
  • 鍵(フォローしない):鍵アイコンが付いていてフォローを見送った件数になります。
  • フォロー済み:既にフォロー済みのアカウント件数になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブックマークさえできてしまえば何度でも使用することができます。

ただ、フォローのし過ぎはアカウント凍結の原因となりますので、数日開けて実行するなど工夫して利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です